イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
マーザンダラーン
2010年 03月 02日 |
 調査のお供で5日間、マーザンダラーン州内を回ってきました。
 自分自身の調査のために同じカスピ海岸州であるギーラーン州をうろうろしているのですが、同じカスピ海岸でもなんとなく雰囲気が違うなあと実感した旅でした。

 これまでの14年に渡るイラン生活の中で、イラン人自身に「どこそこ?」とあきれられるような場所にまで出かけているのですが、意外と訪れていない場所というのはあって、その一つがマーザンダラーン州でした。さかのぼってみると、10年ほど前にギーラーン州との境界に近いチャールースという場所で一泊、7年ほど前にラムサール条約で有名なラームサル(こちらの発音の方が現地音に近い)に一泊しただけで、いつも通過するばかりだったのです。ショマール(カスピ海岸地方を示すペルシア語)好きのイラン人に「どうして?」と呆れられていたのですが、機会がなかったのですから仕方がありません。一応、イラン全州を訪れたことになっているのですが、よくよく考えてみたら、ホラーサーン州が三つに分割された後、北ホラーサーン州は訪れていませんでした。

 それはとにかく、言語的にかなり異なる方言を使用するギーラーンとマーザンダラーンは、そこに住む人々の気質も異なるのだとか。
 両地方の言葉が私の知っているペルシア語とかなり異なるのは分かるのですが(彼らが方言で話していると外国にいる気分になるほど)私には区別はできず、また、気質はそれほど違いが分かりませんでした。「マーザンダラーニー(マーザンダラーンの人・言葉の意味)はギーラーニー(ギーラーンの人・言葉の意味)よりも性格が悪い」と言う人がいたのですが、とくにそんなこともなかったように思います。
 ギーラーンでもそうなのですが、「ショマールの人はフーンサルド(冷血・冷静くらいの意味)だ」と言われます。これはそうかも、と思います。「冷たい」という意味ではなく、アルボルズ山脈の南側の各地に住む人々や、アゼルバイジャン方面のトルコ系の人たちとは違って、親切を前面に押し出して親切にするのではなく、ある意味素っ気ないくらいの態度でいながらも親切というところが、確かにフーンサルドかも、と思うのです。
 道を尋ねると、ぶっきらぼう・無愛想でありながら、必要な情報はきっちりと教えてくれ、しかしそれ以上にはこちらに絡まないというところが何となく新鮮だったりするのでした。

b0006449_634367.jpg

マーザンダラーンの山中の村。なんとなく、ヨーロッパ風に見えるのが不思議


人気blogランキングへ
[PR]
<< 屋根瓦 ページトップ 雨 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon