イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
テロ
2010年 01月 13日 |
 テヘランで原子力関連を専門とする大学教授を狙ったテロがあったとのこと。
 テヘランでもこういうテロが起こるようになったのかとびっくりです。

 イラン政府はいつものように、米英イスラエルの陰謀だと主張しているようですが、この教授一人を暗殺して米英イスラエルにとって何か利益があるのだろうか、と考えてみるとなんだか微妙な感じがします。国内の反体制派にしてもそうです。狙うのならもっと違う人物を狙うのでは?と思ってしまうのです。
 革命防衛隊の暗殺部隊による政府の自作自演だなどと言う人もいて、あっちでもこっちでも陰謀論です。なんだかよくわかりません。

 テロ国家という海外からのイメージはありますが、国内の治安は良くて安心して外を歩けたのが、もしかして揺らぎつつあるのかなあと少し心配になってしまったのでした。

 政府にしても改革派にしても、もし彼らが本当に今回のテロの首謀者としたら、テロの連鎖がどんなものかは周辺国を見ていれば分かるだろうにと思わずにいられないのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2010-01-13 19:38 | いろいろ |
<< 暖冬? ページトップ 大晦日〜その2 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon