イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
初雪とクリスマスと
2004年 12月 03日 |
 朝から冷えるなーと思っていたら、ちらちらと雪が舞っていました。つもるほどの雪ではなく、本当に細かな雪が空中を舞っているだけだったのですが、「ああ、冬が来たんだなあ」と実感してしまいました。

 イランというと、「砂漠の国」で、「年中暑く」て人々は未だに「らくだで移動している」と思われているようです。
 実際には、「土漠の国(※1)」で、「妙にはっきりと四季があり(※2)」、「自動車大好き」な人たちが住む国なのですが。

 テヘランもそうですが、ずっと南の地域まで冬には雪も降ったりします。

 その雪がちらちらと降る中買い物へ。
 それも何カ所かによらなくてはいけなかったので、贅沢にもタクシーで。

 途中、アルメニア人が多く住む地区を通ったのですが、クリスマスの飾りやカードが売られていて、クリスマス気分を味わうことができました。
 この数年、イラン人の間でも、アメリカ風のクリスマスの飾り付けが流行しているようで、なぜかホテルや個人宅できらきらとした飾り付けがされたツリーを見ることができるようになっています。結局、イラン人はアメリカ文化が大好きなんだよなーと実感してしまいます。

 アルメニア人は正教徒ですしムスリムへの気兼ねもあるのか、あまり派手にクリスマスを祝うことはないようです。
 知り合いのアルメニア人のお宅におじゃましても、手作りのリースにろうそくが飾られているくらいで、ツリーをきらきらと飾り立てることはあまりしていないようです。

 そういえば、ホテルなどで(もちろんほとんどが政府経営)ツリーを飾ったりクリスマスソングを流したりするのに、ムスリム家庭でツリーを飾ることにはやはりまだうるさく言う人がいるようです。
 時々ここでご紹介するレイラちゃんのお宅での話しですが、レイラちゃんのお母さんはイラン人と結婚したためムスリムにされてしまいましたが、本当ならキリスト教徒になるための洗礼を受ける直前だったのだそうです。
 そういうお母さんの事情と、ちょっと家の中を華やかにしてみようかということで、ツリーを買って飾り付けをしたのだそうです。
 それだけなら何の問題もなかったのでしょうが、レイラちゃんは子供ですから、学校で「私の家にはツリーが飾ってあってきれいなのよ」と言ってしまったのだそうです。そうしたら大変です。先生から、「ムスリム家庭で何ということをしているのか」という圧力がかかり、ツリーをしまわざるを得なかったそうです。
「この子が、外で黙っていられるようになるまでは駄目だわ」
 とお母さんは笑っていました。

 明日は金曜日ですし、空気もきれいでしょうから、晴れたなら雪景色の山々がきれいに見えるのではないかと楽しみです。


※1 日本人が恐らくイメージするサハラ砂漠のような「砂の」砂漠はイランにはほとんど存在しません。ほとんどが、塩の浮いた「土漠」です。

※2 イランは春分の日を正月とする暦を使っているのですが、三ヶ月毎に季節を分けます。そしてまた見事に、ほぼこの三ヶ月毎に季節がぱっと切り替わるのです。
[PR]
by sarasayajp | 2004-12-03 02:23 | いろいろ |
<< 心臓に悪いこと ページトップ 違和感 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon