イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
警戒
2009年 10月 25日 |
 用があってある役所へ。
 近づくにつれて警官の数が目立つように。
 もともとイランとも関わりの深い国々の大使館なども多い場所なので、先日のテロ関連で警備が厳しくなっているのだろうなあと思いながら目指す役所の前に来てびっくりです。
 それほど広くない道路の片側に警察車両や消防車まで止まっています。火事?と一瞬考えたのですが、どこにもそんな様子は見られません。
 何事かとびっくりしながら受付で来訪目的を告げると、「今日は会議があって一日職員はそちらにかかりきりになるから、明日以降来るように」とのこと。

 各地の支部などからもいろいろな人がやってきて大きな会議を開催しているため、テロ防止と万が一があったときに備えて警備を行っていた模様。宗教関連の仕事をしている役所なので、宗教がらみのテロに巻き込まれやすいかもしれないとも考えられたのかもしれません。

 これはテロ対策とは関係ないと思うのですが、最近、テヘラン市内の道路のあちこちが封鎖され、自動車の流れが非常に悪くなっています。渋滞対策という話もありますが、どう見ても渋滞を悪化させているだけです。都市整備をもう少し何とかしないと、都市機能そのものが麻痺してしまうのでは?と思わず心配してしまうのでした。緊急車両も渋滞で身動きがとれないというのは今でも当たり前のようになっているようですし。

人気blogランキングへ

b0006449_12511218.jpg

これも巣材にするのだ


人気blogランキングへ
[PR]
<< 賄賂? ページトップ 夢 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon