イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
2009年 10月 24日 |
 夢の中で亡くなった家族が「私は家を建てた」と言うと、数日中に家族の誰かが亡くなるんだよ。母が「亡くなった父が夢に出てきて『家を建てた』って言った。誰かが死なないように何とかしなくちゃ」と電話をしてきて、ナズル(一種の願掛け)をしたりしたんだけど、その二三日後に、母の(母方の)叔父の息子が亡くなったんだよね。

 と、知人の一人が教えてくれました。建てた家で一緒に暮らす人を引っ張って行ってしまうということなのでしょうか。
 最初聞いたときは意味が分からず、「家を建てた?誰が?」と間抜けな聞き返しをしてしまったのでした。

 どうやらハマダーンあたりで言われている夢判断らしいのですが、ちょっと聞いてみると他にもいろいろあるようです。例えば、

 夢の中で亡くなった人が何かをあげようとしてももらってはいけない。受け取ってしまうと家族の誰かが亡くなってしまうから。

 というのもよく聞かれる夢判断だとか。

 亡くなった人の夢の話はよく聞きますが、そういえば、こういう占いめいた話はあまりしてこなかったように思います。

 占いはイスラームでは禁止じゃなかったっけ?と思ったそばから、占いは禁じられているけど夢判断は構わないんだったと思い出し、どこがどう違うのか悩んでしまったのでした。

人気blogランキングへ

b0006449_11293929.jpg

お久しぶり!ぼくはこれも巣材にするのだ


人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2009-10-24 11:31 | いろいろ |
<< 警戒 ページトップ マシュハド >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon