イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
地震
2009年 10月 19日 |
 この何日か、仕事などでマシュハドに出かけていました。
 テヘランに帰る飛行機の中で隣の人が読んでいる新聞が目に入りました。そこには「テヘランは昨夜眠らなかった(تهران ديشب نخوابيد)」とあります。
 何だろうと、新聞を盗み見るとその下には地震波の記録写真が載っています。ということは、昨日、テヘランで地震があったということ?とびっくりです。マシュハド滞在中はほとんどニュースを見ていなかったのです。

 テヘランに戻ってから調べてみると、詳細は次のようなものとのこと(テヘラン大学地震観測センター)
 2009年10月18日 11:55:23(UTC)=15:25:23(現地時間)
 震度?:1.8
 震源:北緯35度64分 東経51度55分(テヘラン南部シャフレ・レイ付近)
 震源の深さ:2キロメートル

 イラン国営のIRNA通信によると
 マグニチュード:4
 震源の深さ:12キロメートル

 イラン国営放送IRIBによると
 地震の発生時間:14:23:56

 と、なんだかまちまちなのですが、とにかくそれほど大きくない地震がテヘラン近郊を震源に起こったことは確かなようです。建物や住民への被害は報告されていないとのことですので、とりあえず一安心です。

 このくらいの地震で夜眠れないというのは、やっぱり地震慣れしていないよなあと思いつつ、それほど大きくない地震でも大変な被害を出しそうな建物に住み暮らしていることを考えれば、仕方がないかもしれないとも思います。
 150年周期で大地震に見舞われているテヘランですから、前回の地震から170年近く経つ現在、いつ大地震に襲われても不思議ではないわけです。頼むから、建物の中にいるときに起こらないでくれと祈るしかないようです。

人気blogランキングへ
[PR]
<< テロ ページトップ 看板 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon