イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
スパイスと米と
2009年 09月 09日 |
 お世話になっている写真家の方と行きつけだというインド料理店で会食。
 日本に長く住まれているインドの方が料理の監督をされているとのことで、本格的なインド料理を楽しませていただきました。「まかないみたいなものなんですけど」という料理など、メニューにはない料理まで出していただき、料理の多彩さに感心して帰ってきたのでした。

 「この人はね、イラン在住なんですよ」と紹介されたため、店長さんからイラン料理についてあれこれ質問を受けたのですが、イラン料理はインド料理のようにスパイスを大量には使わないということにとても驚かれてしまったのでした。イランに旅行にいらっしゃる方にも、「スパイシーな料理を想像していました」という方が多いのですが、イラン料理はスパイスが強く自己主張する料理ではありません。アフガニスタンもイラン料理に似ているけどもう少しスパイシーだとのことですので、スパイス料理文化はアフガニスタンやパキスタン止まりで、そこより西へは浸透しなかったようです。インドではよく見るミルクティーもパキスタン止まりで、イランではバルーチェスターンでしか見られません。

 そういえば、イランでは近年、米の消費が増えて国内の生産だけでは不足しています。そのため、国産米の価格は上昇してちょっと気安く買えない価格になっています。そのため、海外から輸入された米が市場に広く流通しています。タイ、パキスタン、インドからの米がよく見られるものなのですが、私の聞いたところでは、タイ米に比べると、インドのお米は味と価格の点から好まれているそうです。
 米と一緒にスパイス料理文化も輸入してくれたらなあとも思うのですが、強い味付けを好まず、味に保守的なのがイランのようなので、それはそれで良いのかなとも思います。それに、外国人に起業を許さないイランの体制では、外国人がレストランを開業するのも容易ではありませんから、新しい味に接するのが難しいというのも仕方のないところかもしれません。

 もう一つそういえば、なのですが、ある研究者から、イランがホンジュラスから米を随分輸入していると聞いたのですが、イランでは「ホンジュラス米」というのは見たことがありません。私が目にしていないだけなのかもしれませんが、ちょっと不思議です。

b0006449_2145143.jpg


人気blogランキングへ
[PR]
<< ゲイメ・ネサール ページトップ 休講? >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon