イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
不況
2009年 08月 31日 |
 今年63歳になる父が会社を退職することにしたとのこと。年金がもらえる65歳までは働くと言っていたはずなのですが、倒産という言葉もちらつく会社の現状に、退職金がもらえるうちにやめた方が良いかもしれないと、両親で相談して決めたのだとのこと。退職金とこれまでの貯金で2年くらいは何とかしようと。まあ、物価の安い田舎ですし、家もあるし、生活費そのものはそれほどかからないようなのでなんとかなるのではないかと思いますが。

 父は作業工具の製作を行う会社で働いています(母によると窓際よ、だそうですが)。輸出が大きな割合を占めていたため、1983年からのいわゆる円高不況の時期には倒産するのでは?と思うくらいに大変でした。その直前までは景気が良くて、会社の規模を大きくしていただけにダメージは大きかったようです。

 これ以前、好況だった頃、革命前のイランとも取引があり、革命後、それ以前の契約を遂行するために、あれこれ苦労したという話や、革命後、「外貨がないので大変だよ」と父が話していたことを覚えています。そういえば、革命前にも取引先の社長が来日した際にお土産として持ってきたという大きなペルシア絨毯は、今でも伯父(現社長)の家に敷かれています。

 それはともかく、新しい製品の開発製造によって円高不況とデフレスパイラルを何とか乗り切り、一息ついたかと思ったら今度は世界規模の不況です。海外の取引先は取引規模を縮小し、国内市場も動かないということで、工場は週三日しか動いていないとか。

 イランではあまり実感することのなかった世界経済と連動した不況というものを、いなかの地場産業の様子を聞いてしみじみと実感したのでした。
 ただ、父によると、マスコミがあまりに不況だ不況だと騒ぎすぎるのも、消費が萎縮する一因ではないかとのこと。それもあるでしょうし、これまでと消費に対する考え方が変わったこともあるのでしょうし、これまでと同じようにはいかないのだろうなということは感じないではいられないのでした。

人気blogランキングへ

b0006449_1685444.jpg

「なになになあに?」

狭いところに入り込むのが大好き。テリトリーに他鳥が近づいたらぎゃるぎゃると大げんか。私はその本を使いたいんだけど。


人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2009-08-31 16:26 | いろいろ |
<< 風邪 ページトップ 申請 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon