イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
礼拝、ナマーズ、サラート…呼び方は何でもいいけれど
2004年 11月 25日 |
 なんだかむしゃくしゃする一日。

 朝からずっとついていなくて、とどめがある人との喧嘩。

 喧嘩のきっかけはあまりにくだらなくて嫌になるのですけど、「礼拝」でした。

 バイトが入り、呼び出されてあるオフィスへ行きました。そこへ行くまでに既に色々あって嫌な気分でいたのですが、到着したら当の本人は「礼拝に行っています」だそう。
 この時間に来いと言って呼び出しておいてそれは何だよと、その段階で嫌な気分が5割り増し。
 30分以上待たされて、ようやく来たと思ったら詫びの一言もなし。ついつい言い合いになってしまいました。


 イラン・「イスラーム共和国」の政府関連機関では、礼拝の時間が長ければ長いほど出世すると言われています。
 オフィスや工場など人が集まる場所には必ず「ナマーズハーネ(礼拝部屋)」が設けられ、礼拝をしたい人はそこで礼拝を行うようになっています。ちなみに、イランエアの中にもこの部屋はあります。
 ムスリムは一日5回、礼拝を行うことが義務づけられています。この5回のうち、昼の礼拝と、午後の礼拝がオフィスタイムにかかってしまいます。

 IRIB日本語放送でバイトをしていた時、私としょっちゅう喧嘩をしていた上司が、毎日きちんと昼の礼拝に行って、なかなか帰ってこない人でした。
 ある日、親戚の人から上司に電話がかかってきました。
「J氏はいる?」
「今は礼拝に行っています」
「え!!!彼が礼拝なんかするの?????」
 この発言により、J氏はチーフになるため、IRIB内で礼拝をするようになったことがばれてしまったのでした。

 そして、昨年、友人が調査のためにイランに来ていた時のことです。
 彼女は資料をもらいに政府系のある機関へ行きました。しかし、担当者はなかなか現れません。彼女はきちんとアポを取り、指定された時間に行ったのに、「礼拝中」と言われて二時間待たされたあげくに、「外人に話すことなんかない」と追い返されたそうです。

 礼拝は、どんなにゆっくりやったところで20分~30分もあれば終わります。
 それを1時間2時間もかけて、それも人が来ると分かっている時間に行う人たちの礼拝は、人に見せるための礼拝でしかないことが露骨に分かります。それなのに、「ナマーズハーネで礼拝を行っている」ということで高く評価され、能力とは関係なく出世することができるのです。

 預言者自身が、「人に見せるための心のない礼拝なら行わない方がいい」と言っているのに、イスラームを国家理念としたイランではこんなものです。預言者が見たら悲しむだろうと思わずにいられません。まあ、全て来世で彼らの偽善は明らかになるので私がぷりぷりと怒る必要はないのですけど、現世にいる我々にとってはいい迷惑なのです。


 私は決して、ムスリムが礼拝をすることを否定しているのではありません。IRIBでバイトをしている時でも、常識的な時間に常識的な時間をかけて礼拝をする人に対して文句をつけたことはありませんし、文句をつけたいと思ったこともありません。
 それに、真剣に祈る姿に感動することもありますし、敬意も払っています。
 ただ、信仰心からではない(としか思えない)礼拝を長々とやっているところを人に見せたり、礼拝を口実にさぼることに文句をつけたい気持ちになるだけなのです。
[PR]
by sarasayajp | 2004-11-25 03:22 | イラン人 |
<< 言葉と文化 ページトップ テヘランのアパート事情 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon