イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
システム
2009年 06月 01日 |
 PCが故障。電源が入らないという、前回のハードクラッシュに続くイランで二度目の大きな故障です。

 かなり長時間使用するし、ほこりっぽいし、PCにとってあまり優しい使い方をしていないのは確かですが、二度目となると、私に問題があるのだろうかと考えてしまいます。

 とりあえず大学でメールのチェックはできるし(週末はどうする?)、急いで送らなければならない原稿は送ったし、写真データや一部の文書以外のデータはバックアップがあるし、まあ、しばらくはPCなしの生活を送るか?とも思わないでもないのですが、実際はそうもいきません。

 今一番困っているのが、学生の成績や出席簿の一部がPCの中に入っていたということです。これから期末テストが始まるのにどうしたものかと、心臓が痛む思いです。
 ハードディスクのトラブルでなければ、データはたぶん問題ないでしょうがどうなるでしょう。
 さらに、試験問題の作成やプリントもあります。これは全てを大学でというわけにもいかないのが難しいところです。

 コンピューターというのは便利だけど不便だというのを日常生活の折々に感じますが、最近、それをとみに感じる出来事が続いています。

 外国語学部では(他学部の事情はよく分からないので)、昼食を学食でとる場合、外国語学部のサイト経由で事前に予約を入れておかなくてはなりません。前日までに予約をした場合は多少安くなるようです。
 ところが、このサイトがこの二週間ほどアクセスできない状態になっています。仕方がないので、直接教員用食堂へ行き、その場で事情を話し、コードナンバーを言って昼食をもらっていました。ところが、「ちゃんと予約をしてから来てください。決まりですから」とのこと。予約をさせたいなら予約ができる状態にしてから言え!と文句のひとつも言いたくなります。今日現在、まだアクセス不可能です。

 また、今週から、来学期のための授業登録が始まりました。
 授業登録をするためには、教師の授業の評価を行わなくてはならないのだとか。この授業評価も、以前は教務の人が授業時間にやってきて、その場で書かせていたのですが、先学期からネットでの評価に変わりました。授業の登録もネット経由です。
 ところが、アクセスできる時間帯が、9時から5時までなのだとか。それじゃあ、窓口で仕事をしているのと一緒じゃない、と思ったのですが、まさしくその通りなのだとか。決められた日時にアクセスが集中するため、サーバーがダウンしたり、アクセスができない状態が続いたりして、結局間に合わないこともあるのだとか。
 さらに笑ってしまったのが、最終的に、登録した授業をプリントアウトして、そこに学科長のサインをもらって提出しなければいけないのに、自宅や大学のPCルームではプリントアウトはできず、教務課の担当係官にプリントアウトをしてもらわなくてはいけないのだとか。担当官は一人しかいませんから、学生が殺到すると大変なことになります。
 便利なのかそうでないのか、まったく分からないシステムです。

 夏休み中にまとめたい原稿を書きたかったのですが、PCの故障のため作業が進みません。それでも何とかしようと手書きで作業を始めたのですが、一日で手首が痛くなってきてしまいました。困ったものです。

 とりあえず、修理に出すのですが、さてどうなることでしょうか。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2009-06-01 17:27 | いろいろ |
<< 復活 ページトップ テロと大統領選挙と >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon