イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
経済
2009年 05月 25日 |
 テヘラン市内に大統領選挙のポスターが見られるようになると同時に、大学の中でも大統領選挙関連のポスターが見られるようになりました。
 とはいってもムーサヴィー氏のものだけですが。
 学生は基本的に経済政策の点からムーサヴィー氏を支持しているようです。

 現在の大統領に対しては、「経済音痴」としか言いようのないばらまき政治や、革命防衛隊優先の事業発注や人事など、とてもではないですが健全とは言い難い経済政策が露骨です。
 まあ、それでも、人間は現金には弱いですから、現金をばらまいてもらえば大統領を支持する人もいるのは確かです。でも、「○○をします」と言っておいて予算不足などを口実に中止、ということも多く、本当に彼のばらまきの恩恵にあずかっている人がどれほどいるのだろうかとの疑問もあります。

 日本の支給金と同様に、国民に一定金額を支払うとか、大学の寮生に現金を支給するとかいった話もありましたが、予算不足を口実に、途中でやめてしまったり、金額が減らされたりしたようです。
 現金でなければいいだろうとばかりに、ノウルーズ明け二にはじゃがいもを無料で配ると発表しましたが、これも「選挙対策だ」との批判を受けて一部では行われたものの、結局は取りやめになったようです。
 じゃがいもに関しては、「豊作で倉庫で腐りそうになっているから」無料で配ることにしたのだとのことでしたが、その割に、じゃがいもの値段は下がっていませんでしたし、無料配布の話が出て、配り始めてから値上がりを始めたという話もあります。

 なんだかよくわからないな〜というのが正直なところです。

 そんなこんなで、もうすぐ社会に出ようという学生たちにとっては、健全な経済活動が行われている社会、就職の心配をしなくて済む社会、自由が認められる社会がなによりも大切なのだろうなあというのは見ていて十分に分かります。
 しかし、だからといって、授業をサボって政治活動に精を出すのは止めて欲しいなあとも思ってしまう今日この頃なのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2009-05-25 19:04 | いろいろ |
<< チューリップ ページトップ 右往左往 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon